ホーム 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

「ジェネリック医薬品に関するお知らせ(ジェネリック医薬品差額通知)第4回目」をお届けします。

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 「ジェネリック医薬品に関するお知らせ(ジェネリック医薬品差額通知)第4回目」をお届けします。

兼ねてより実施しております「ジェネリック医薬品に関するお知らせ(ジェネリック医薬品差額通知)」の第4回目を5月末~6月上旬(予定)にお届けします。

ジェネリック医薬品を上手に活用することで、自己負担額だけでなく、健保組合の負担低減にもつながります。  以前に比べジェネリック医薬品の種類も増えており変更し易くなっていますのでこの機会にぜひ利用をご検討くださいます様お願いします。

「お知らせ」の内容

対象者

医療機関で処方せんを受け取り、調剤薬局でお薬を調剤された30~74歳の方で、ジェネリック医薬品に切り替えた場合に自己負担額の削減額が大きい方を中心

注:必ずしも全員に届くわけではありません

実施時期

5月末~6月上旬(予定)

配付方法

郵送にて直接お手元に送付

個人情報の第三者提供について

CCEJ健保組合は、その保有する個人情報(個人データ)について、次の事項を明示したうえで、第三者への提供を行うこととしますのでお知らせします。

健保組合は、原則として、あらかじめ本人の同意がなければ、保有する個人情報(個人データ)を第三者に提供することはできませんが、個人情報保護法第23条第2項において、「①第三者への提供を目的とすること、②第三者に提供される個人データの項目、③第三者への提供の手段又は方法及び④本人の求めに応じて当該本人が識別される個人データの第三者への提供を停止すること、について本人が容易に知り得る状態に置いているとき」は、あらかじめ本人の同意を得なくても個人情報(個人データ)を第三者へ提供することができるとされています。

目的

平成26年5月より実施(予定)の「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を行うための個人データを第三者に供給するためです。ここでいう「第三者」とは、「株式会社エム・エイチ・アイ」をさします。

第三者への提供する個人情報(個人データ)の項目

・調剤報酬明細書及び診療報酬明細書に記載されている項目の全て(被保険者記号、番号、氏名、生年月日、診療年月、保険種別、医療機関、薬剤処方内容、他)

・個人住所

 

第三者への提供手段・方法

上記に記載されたデータを媒体に収録し、セキュリティ便で送付します。

これらの取り組みは実施に当たり、被保険者及び被扶養者のみなさまの住所・氏名・受診された医療機関・調剤薬局・処方された調剤名等の情報を、利用目的の範囲内に限って共同で使用します。「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」の受け取りを希望されない方は、健保組合までご連絡ください。

コカ・コーラセントラルジャパン健康保険組合

電話052-723-1703

このページの先頭へ
ページ先頭へ戻る

メニュー

健保のしくみ 健保の給付 健康作りに 各種手続き